電車も車も - 期間工

鉄道車輌、車、航空機。色々なものを作ってきた期間従業員たちの生活を書いています。

50代!金ない家ない何もない!そんなあなたにおすすめの住み込み求人はこれ

50代の方で、お金もなく家もない…という状態でお仕事を探しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、不景気なこの時代、なかなか50代住み込み求人を見つけるのは難しいと言えます。

給料が高く、そして住み込みのお仕事で、安定して働くことが出来るお仕事はあるのでしょうか。

50代住み込み求人について、詳しく見て行きましょう。

金も家もない...緊急事態です!そんなときはどうする?

お金も家もない…そんな状態で生活をしている方は今の時代珍しくはないようです。

50代の方で、お金も家もない、そんな状態で、漫画喫茶やカラオケで生活している方もいます。

また、手持ちの現金がないので、クレジットカードでとりあえず精算をしている…という方もいるようです。

また、中にはキャッシングを繰り返し、生活をしのいでいる方もいるでしょう。

しかし、このような生活を繰り返していても、応急措置でしかありません。早く住処や仕事を見つけ、こういった生活から抜け出す必要があると言えるでしょう。

まずは住み込みの求人を探し、職に就くことから始め、根本的に解決する必要があります。

衣食住の食住を確保しよう!ついでにお金もいっぱい稼ごう!

このように、ギリギリの生活を送っている人におすすめなのが、「期間工」のお仕事です。

期間工のお仕事は、期間従業員と呼ばれていて、給与も高く、各種手当ても充実していて、正社員登用もあるというお仕事です。

さらに、期間工のお仕事は、ほとんどのお仕事で、寮が完備されているため、住み込みで働くことが可能となっています。

家もない、お金もない…という状況の人が、すぐにでも衣食住を確保することが出来るのが、この期間工のお仕事であると言えるでしょう。

さらに、寮の家賃や光熱費は無料となっているので、これらの費用を節約することが出来、短期間でお金を貯めることが出来ます。

また、年齢制限などもありませんし、中高年の方も活躍しているお仕事であるため、仕事にすぐにありつくことができるといえるでしょう。

50代の方が、住み込みで、すぐにでも働きたいという方にはぴったりのお仕事であると言えます。

50代が就職できるのは、どんな仕事なの?

50代ともなると、なかなか自分が好きなことを仕事にするのは難しいと考えられてますね。事実、様々な求人情報を見ても、条件の良い仕事はなかなかないでしょう。良く見かけるのは、工事現場での旗振りの仕事や、スーパーなどでの掃除や警備の仕事などです。しかし、それまでに経験したことのないこれらの仕事は、精神的にも、心が折れてしまう人も多いでしょう。

それまでに手に職をつけている人にとっては、その職を活かすことが一番ですが、現在は技術もどんどん進化していて、手につけた職がどれだけ活かせるかは疑問とされるところです。そんな50代の人でも多く受け入れている会社が、自動車部品などを扱う製造工場なのです。

自動車のボディなどを製造している工場とは違い、肉体的な負担も少ない部品工場では、多くの中高年が仕事をしています。細かい作業と、単調な仕事なので、忍耐力が必要となりますが、力仕事ではない軽作業が多いので、十分に戦力となることができるのです。

 

実はここだけの話50代の期間工はけっこういる!

しかし、期間工のお仕事は、 工場での自動車製造などの仕事のため、体力的に大変そうだとか、ハードなので若者しか働くことが出来ないのではないか、というイメージを持っている方も多いです。

しかし、実際には、期間工のお仕事は、中高年でもたくさんの方が雇われていて、18歳以上なら可能であると求人情報にも記載されています。

製造業なので、体力的に最初はハードに感じますが、慣れれば問題がないという口コミも多く、健康で体力に問題がなければ、働くことは可能です。

また、女性や高齢者の方は、比較的肉体的な負担が少ない部署に配属されやすくなっているため、安心して働くことが出来ると言えるでしょう。現在でも、女性の方や、中高年の方で活躍されている方は多いようです。

50代期間工の仕事内容とは?!

 期間工として働くための資格は、18歳以上であること。それ以外には、年齢制限はありません。期間工の仕事の求人募集を見ても、年齢の上限は記載されていないので50代でも応募できます。

しかし、実際の期間工の仕事内容は、重いものを持ったリ、ラインのスピードに付いていかなくてはならなかったりしてハードな業務だといわれています。そのため、50代の人は、期間工としての経験がないと採用は難しいとされています。とくに、自動車製造にかかわる業務は、45歳前後が限界ではないでしょうか。

ただし、こうした肉体労働がメインになる仕事内容であっても、会社としては、未経験の若い人よりも、即戦力を望みます。そのため、期間工としての経験が豊富であったり、肉体労働が少なくて済むフォークリフトなどの免許を持っていたり、比較的軽作業がメインの仕事があったりすると、50代であっても期間工として採用される可能性が高くなります。

期間工は若い人向けの仕事とあきらめずに、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

50代の期間工は未経験者で働けない?!

 50代でも期間工の経験者であれば、経験者手当がついて給料はいいですし、何よりも寮が完備されており、住み込みで働けるので生活費を最小限に抑えられますね。その間、ガッツリとお金を貯めることもできます。

もし、50代で期間工が未経験という場合でも諦めないでください。未経験であっても、あまり体力勝負のない軽作業を行う業務など、職種を選択することで採用の可能性もぐっと広がります。

具体的には、食品工場や電子部品工場、精密機器工場などは、力仕事を必要とせず、未経験でも簡単にできる業務がたくさんあります。むしろ、きめ細かな神経の行き届いた仕事を要求されるため、若くて体力はあるけれど、仕事は雑といった人よりも、丁寧な仕事ができて、経験者である50代以降の女性を積極的に採用する企業もたくさんあります。

また、50代でも経験者は、未経験で若い人よりも経験者手当がついて、給料が高くなるケースがけっこうあります。

このように、期間工であっても、職種によって50代でも若い人に負けず劣らず、十分に力を発揮できることができるのです。

期間工の経験なんて50年生きててありません大丈夫ですか?

 初めて期間工になる人は、必ずと言っていいほど「働いていけるだろうか」と不安になるものです。

なぜなら、期間工の仕事は体力的にも精神的にも大変と思われているからです。

でも、あれこれ考えて心配しなくて大丈夫。

期間工の仕事は未経験者でもできることばかりです!

期間工の仕事は、入社後に上司や先輩から丁寧に教えてもらえます。

しっかりと研修をした後に担当へ配属となります。

自動車工場では、組立、溶接などの担当は重いものを持ったり、ねじをいろいろな角度から締めて体に無理がかかったりします。

そのため20代の若い期間工が担当になることが多く、50代なら比較的小さい部品の組立や、完成した自動車の検収作業に回されることがあります。

できない仕事を50代の期間工に無理に押し付けることはないでしょう。

期間工がミスをしたら上司の責任になってしまうので、その人の能力に応じた担当に配属されるはずです。

初めのうちは、立ち仕事がしんどい慣れない仕事でも、1~2ヶ月もすれば慣れてくるので初めて期間工になる人でも大丈夫です!

期間工vsその他の仕事!期間工はやっぱりいい?! 

 50代でも住み込みで働ける仕事に、リゾートホテルや温泉旅館のバイトがあります。

箱根の有名旅館の食器洗浄は、月給が18~23万円。

北海道や沖縄のリゾートホテルのバイトなら時給が900円前後で見つけることもできます。

住み込みできるバイトに、早朝の新聞配達員もあります。

月収は約26万円と高めです。

その他、ハウスクリーニングや住み込みの管理人の仕事もあります。

調べてみると、50代でもOKの住み込みバイトがたくさん見つかります。

しかし、自動車の工場で働く期間工に勝る条件のよい仕事は見つかりませんでした!

期間工の仕事は、時給1,000円以上、日給も10,000円前後と高額です。

さらに、入社祝い金が何十万も支給され、赴任手当、残業手当、期間満了祝い金など様々な手当てが支給されます。

これらを合計すると、期間工の収入が一番高くなります。

また、住み込みバイトでは寮費がいくらか負担されるケースが多いのですが、期間工なら完全に無料になっているメーカーが多いのです。

そのため、50歳を過ぎて効率よくお金を稼ぎたいなら、期間工がおすすめです!

期間工と他の仕事(50代で住み込み可能な求人)を比較。

金銭面、待遇などを比較して期間工のほうがいいと思うといった話をしてください。

 

50代でもチャンスの住み込み求人を紹介!

50代で働くことが出来る、期間工の住み込み求人にはどのようなお仕事があるのでしょうか。

50代以上の中高年の方でも比較的採用されやすいお仕事として「アイシン」のお仕事があります。アイシンの特徴として、40代、50代の期間工の方がたくさん働いていることであり、働ける可能性が高いという特徴があります。

40代になると期間工の経験がないと雇われること高くはありませんし、採用して貰いにくくなります。

しかし、アイシンではそんな方でも働くことが出来る可能性が高いですし、定年まで働きたい方におすすめです。時給は1420円と高めですし、正社員登用が充実していると言うことでも知られています。また、残業手当など各種手当ても充実していますし、期間延長制度も設けられているのが特徴です。

また、中高年の方の場合、「デンソー」もおすすめです。デンソーの期間工として働いている期間工の中には、60代の方も活躍されているようですし、待遇も素晴らしいとされています。

日給も高く、満了金も2年目から高くなると言うことから、人気の企業となっています。また、女性の期間工の方が多く活躍している工場としても知られています。

 

50代で寮生活なんて、と思っている人へ

 

50代になって、他人と共同で寮生活をするなんて無理と思っている人も少なくないかもしれません。でも、考えてみてください。同じような境遇の人が集まる期間工であれば、そんな人間関係のわずらわしさを感じずに生活することができるのです。何故なら、期間工の寮は、そのほとんどが個人寮だからです。仕事が終わった後は、自分の部屋で自分の好きな時間を過ごすことができるのです。

 

しかも、寮生活の良いところは、栄養バランスが整った食事を毎食、取ることができます。自炊をしたり、献立を考える必要がないのです。もちろん、後片付けを気にかけることもなく、自分のペースで生活することができます。共同のお風呂は、大浴場で、サウナが完備されている会社もあるので、ホテルに宿泊している感覚で過ごすことになります。

 

仕事を続けることで、給料も上がっていきますし、貯金をすることも可能です。2年期間工を務めて、地方に土地を買い、長年の夢だった自給自足の生活を楽しむ人もいるほどです。50代だからと言っても、全く将来を諦める必要なんてないのです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。お金もなく、家もない…という状態で、正社員の仕事は無理なのではないかとあきらめてしまっている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、期間工のお仕事であれば、経験を積めば正社員も目指すことが出来ますし、大企業の正社員とほぼ同じ待遇で、住み込みで働くことが可能です。

光熱費も寮費も無料なので、短期間で貯金をすることが出来るでしょう。

期間工のお仕事は、中高年の方でもできるお仕事ですし、今も多くの中高年の50代の方が活躍しています。大企業の安定した待遇の中、安心して働くことができます。 

50代でもあきらめずに、期間工のお仕事にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。